地方独立行政法人 秋田県立病院機構

理事長ごあいさつ

 

1968年12月開設の秋田県立脳血管研究センター(脳研センター)と1997年4月開設の秋田県立リハビリテーション・精神医療センター(リハセン)が、「県立」から「地方独立行政法人秋田県立病院機構」のセンターとして再出発したのが2009年4月でした。県知事は5年を1期として秋田県立病院機構(病院機構)へ目標(中期目標)を示します。病院機構はその目標を達成するため計画(中期計画)を作成し、毎年成果の評価を受けながら業務を行っています。2014年3月で第1期目の5年間が終了し、現在は第2期目に入りました。

研究部門をもつ脳研センターは「脳卒中撲滅」という県民の強い願いに応え、脳卒中の病態解明と治療法確立に全力を注いできました。現在では、脳卒中のみならず脳神経疾患と循環器疾患の専門病院として最新・最良の医療を提供し、研究機関として国内外の学会で活動しています。さらに、災害医療にも力を注ぎ、災害拠点病院にも指定されています。第1期目の5年間には組織の改編、職員の増員、電子カルテの導入、ヘリポートの設置、医療機器の更新や増設など、組織・人・設備の強化を行いました。脳卒中予防については県内医療機関と共同で研究を開始しました。第2期目に入り2015年4月には循環器分野を拡充し増床、増員を行い、脳神経の専門スタッフと循環器の専門スタッフが共同で診療を行うチーム医療の実現を目指しています。

リハセンは脳卒中後遺症などで生じる身体障害やさまざまな原因で生じる精神障害から回復・改善し家庭や社会に復帰したいという県民の強い願いに応え、リハビリテーション科と神経・精神科が強く連携して最新・最良の医療を提供してきました。第1期目の5年間には県の事業として初年度の2009年4月に秋田県高次脳機能障害相談・支援センターが開設、最終年度の2013年10月に秋田県認知症疾患医療センターが開設されました。従来からのリハビリテーション医療、精神医療に加え、認知症に対応する診療体制の整備を進めました。災害医療については東日本大震災の被災地で心のケアに従事しました。第2期目に入り、回復期リハビリテーション医療、認知症医療、精神科救急医療の一層の充実を目指しています。

それぞれが専門性の高いセンターであり、地理的にも離れていますが、医師が相互に出張し外来診療などを行い、リハビリテーション療法士が協同して指導や研修を行うなど、両センターの実質的な連携を行っています。2014年4月からは病院機構の中枢として運営本部を設置し小職が運営本部長を務め、両センターの連携を一層強化し一体的に運営しています。

秋田県の政策医療を担い県民の健康を支える病院機構として、脳神経疾患、循環器疾患、精神疾患、認知症疾患から県民を守るため、1期目に蓄えた実力をもとに第2期目の中期目標達成に全力を注いでおります。

ページの先頭へ