医師

安全で丁寧な手術はもちろんのこと、
入念な手術計画や術前後のケアを含めて良い手術と言えます

先輩メッセージ

脳卒中に対する手術や内科治療、予防手術を含む脳卒中の外科手術

担当している業務の内容をお願いします

脳卒中に対する手術(血栓回収術、開頭血腫除去術、破裂動脈瘤クリッピング術)や内科治療
予防手術を含む脳卒中の外科手術(未破裂動脈瘤クリッピング術、頸動脈内膜剥離術、バイパス手術)
※専門医による血管内治療のチームもあります

医師へのインタビュー1

良い手術は総合力で決まると考えています

普段どんなことに注意、配慮して仕事をしていますか?働き甲斐、やり甲斐はなんですか?

良い手術は、安全で丁寧な手術はもちろんのこと、入念な手術計画や術前後のケアを含め、総合力で決まると考えています。結果として、患者さんの満足度が高く、退院後の外来で元気な姿をみせてくれれば、自分も嬉しくなりますし、今後のやる気にもつながります。

医師へのインタビュー2

カンファレンスなどで自由に意見を言い合える

職場の雰囲気はどうですか?

伝統的に自由な風潮が特徴で、上下関係はありますが、カンファレンスなどで自由に意見を言い合えるところが良いと思います。

医師へのインタビュー3

医局に属さず自由

キャリアアップ支援や福利厚生等についてはどうですか?

医局に属さず自由な分、すべて自己決定に委ねられています。個人あるいは上司の関連のある病院へ転勤、ステップアップをする例が多いです。
福利厚生が充実しており、また脳外科にしては私生活で家庭や趣味に時間がとれ、自分自身も非常に助かっています。

後輩のみなさんへ

自分は、手術が上手で教えるのも上手い(かつ厳しすぎない)人のもとで勉強したくてこの病院を選びました。脳卒中の外科をこれから志す方、技術を磨き直したい方にとっては、チャンスがあると思います。(県外の方に向けて)意外と飛行機など交通の便も悪くないので、へき地と思わず、秋田の地で一緒に勉強しましょう。

教育体制について

日本脳神経外科学会認定後期研修プログラムについて

秋田県立循環器・脳脊髄センターにおける脳神経外科専門医後期研修に関して

秋田県立循環器・脳脊髄センター脳神経外科はこれまで基幹施設として脳神経外科専門医後期研修プログラムを提供してまいりましたが、諸事情により2016年4月から北海道大学脳神経外科を基幹施設とするプログラムの連携施設となりました。

他に徳島大学脳神経外科、中村記念病院脳神経外科、関西医科大学脳神経外科、秋田大学脳神経外科の関連施設となっています。

脳神経外科専門医所得前の医師で、当センターでの研修の希望やプログラムへの参加についてご相談があれば、遠慮なく石川病院長(teddyish@akita-noken.jp)あるいは師井第一脳神経外科部長(moroi@akita-noken.jp)までお問い合わせください。

 精神科の後期研修プログラムについて

後期研修プログラムとは

目的

精神科医として必要な基礎的技術を身につける。また、多職種との連携について学ぶ。指定医に必要な精神医学的素養を養い、法律知識を学び、指定医の資格を取得する。 日本精神神経学会専門医制度による専門医取得に必要な臨床経験、研修を積む。

教育体制
  1. メンター制度:入局後1ヶ月は生活相談を含めた環境・業務導入に関する専門指導医をつける。希望により、期間は延長可能。
  2. 医局に診療技術指導係を置く。
  3. その他の医師も個別事例相談には親切ていねいに応じる。
  4. 病院長(精神科医)回診時に技術指導を行う。
  5. 各病棟には病棟管理医を置き、おのおのの病棟での事例相談、診療調節が可能とする。
  6. 事例により、個別指導医をつける(少数例)。指導医は患者の病状を常に把握、個別に指導する。
教育内容
  1. 指導責任者による定期面談、講義・実技指導、見学、特殊技術指導の4種からなる。
  2. 基本技術、応用技術、ケースレポート作成指導とする。なお、ケースレポートについては指定医を取得するまで徹底して指導するものとする。専門医に関する経験、研修は同制度の基準に拠る。
  3. 具体的プログラムは以下の通り。
    • 指導責任者による定期面談。約3カ月に1回。1回1時間予定。4月、7月、10月、1月、3月。研修の進捗状況確認、個別希望聴取。技術的助言などを行う。
    • 講義・実技指導は必須。講義は教材整備(紙面、ビデオなど)で代替可能なものはそれで対応も可とする。

基本

  1. 不穏患者への対応
  2. 救急患者診察手順
  3. 自殺おそれ患者への対応自殺可能性への評価
    • 自殺可能性への評価
    • 薬物的軽減策
    • 環境的軽減策
  4. 実際的精神科的診察法の基礎
    • 精神所見
    • 内科的
    • 神経学的
  5. 精神科での「診断」の意味
  6. 精神科での「状態像」の意味
  7. 向精神薬の副作用
    • 抗精神病薬の副作用
    • 抗うつ薬の副作用
    • その他の薬剤の副作用
  8. 統合失調症について
    • 急性期:薬物、行動制限、看護との連携
    • 慢性期:生活指導、アドヒアランス強化、副作用観察
    • 社会的処遇の検討
    • 家族指導
    • 福祉制度
  9. 躁うつ病について
    • 概念の変遷
    • 診断上の注意点
    • 薬物療法の基本
    • 患者指導
  10. 「神経症」、人格障害について
    • 「神経症」概念の位置づけ
    • 診断と心理力動
    • 精神療法
    • 補助的薬物療法
  11. 認知症、器質精神病について
    • 認知症
    • 器質精神病
  12. てんかんについて
    • 希望者へ。講義2回

見学

  1. 初診対応:1から3回程度
  2. 再診対応:1から3回程度
  3. 救急対応:希望者のみ

特殊技術

  1. 脳波判読:相談のうえ、計画作成
  2. CT、MRI判読:相談のうえ、計画作成(放射線科専門医対応予定)

注:平成23 年度は部分運用

認知症診療部研修プログラムについて

平成24年4月より、以下のように実施しております。

  • 1年間、月2回(年20回程度)・午後(4時間程度)とします。
  • 認知症診療専任の医師が、マンツーマンで指導します。
  • 認知症診療の臨床現場に、助手として加わっていただきます。

定員は1名で、空きが出た際に募集いたします。 研修内容などは、当センターとその方の状況に合せたものとなります。ご希望の方はお問い合わせ下さい。

募集要項・福利厚生

医師の募集について(リハビリテーション・精神医療センター)

募集要項

募集人数 若干名
応募資格 医師免許を有する方
職務内容

リハビリテーション科

精神科

身分

任期なし職員(正職員)

注:秋田県立病院機構の正職員として採用されます。

連絡先

〒010-0874 秋田県秋田市千秋久保田町6番10号
循環器・脳脊髄センター内地方独立行政法人秋田県立病院機構
本部事務局 採用担当
電話 018-833-0115

選考内容
  1. 書類選考
  2. 面接試験
試験会場・試験日

書類選考後、電話又は書面にて連絡いたします。

試験結果の通知

試験実施後、7日を目安に文書で通知いたします。

勤務場所

リハビリテーション・精神医療センター(秋田県大仙市)

待遇・福利厚生

給与等

給与・手当 当機構の給与規程に基づき、経歴その他を勘案のうえ決定されます。

昇給 原則年1回

賞与 年2回(支給時期:6月、12月 H25年実績3.95ヶ月)

社会保険等 地方職員共済組合、雇用保険、地方公務員災害補償法適用、退職金制度(勤続1年以上)

勤務形態

原則として、月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分まで

休日・休暇

週休2日制、年次有給休暇20日(初年度は採用月により減じられます。)

夏季休暇・結婚休暇等特別休暇制度、育児休業・介護休業制度あり

医師の募集について(循環器・脳脊髄センター)

募集要項

応募資格 医師免許を有する方
身分

麻酔科(急募)
循環器内科(急募)
脳卒中診療部
神経内科
脳神経外科
放射線科
リハビリテーション科
脊髄脊椎外科
心臓血管外科

連絡先

〒010-0874 秋田県秋田市千秋久保田町6番10号
循環器・脳脊髄センター内地方独立行政法人秋田県立病院機構
本部事務局 採用担当
電話 018-833-0115

選考内容
  1. 書類選考
  2. 面接試験
勤務場所

秋田県立循環器・脳脊髄センター(秋田県秋田市)

待遇・福利厚生

給与等

詳細はお問い合わせください。

ページのトップへ戻る