作業療法士

患者様一人一人に合わせた作業療法を考えていくことをやりがいに感じています

先輩メッセージ

患者様の障害や生活に合わせた作業療法を提供する

担当している業務の内容をお願いします

現在回復期病棟というリハビリテーション専門の病棟で働いています。患者様の障害や生活に合わせた作業療法を提供することはもちろんですが、その他にも様々な業務があります。具体的には患者様ごとに定期的なカンファレンスを行い、進捗状況の確認や期間、方針等を決めたり、家屋訪問といい、実際に患者様の自宅に行き、環境調整や動作確認を行ったりします。

写真:作業療法士と患者の後ろ姿

患者様一人一人に合わせた作業療法を考えていくことをやりがいに感じています

普段どんなことに注意、配慮して仕事をしていますか?働き甲斐、やり甲斐はなんですか?

患者様と良好な関係を築き、その方の望む今後の生活になるべく近づけられるように、他職種と連携しながら作業療法を行っています。
患者様の症状は様々であり、その方の望む生活もそれぞれであるため、患者様一人一人に合わせた作業療法を考えていくことをやりがいに感じています。

写真:作業療法士と患者が作業をしている様子

明るく頼れる先輩もいる

職場の雰囲気はどうですか?

明るく頼れる先輩もいる働きやすい環境だと思います。作業療法部門では、各チーム内でミーティングを行い、患者様の目標や治療について話し合いますが、新人でも質問や意見を出しやすく、その都度助言してもらえるため相談しやすいです。

写真:笑顔の作業療法士

職場内での勉強会開催や研修会への参加に積極的な職場

キャリアアップ支援や福利厚生等についてはどうですか?

職場内での勉強会開催や研修会への参加に積極的な職場であり、自身の知識や技術を高めることができると思います。

写真:作業療法士と患者がパズルをしている様子2

後輩のみなさんへ

私は学生の頃、作業療法士に向いているのか、職場の環境が合わなかったらどうするのかなど、様々な不安がありました。しかしそのような不安は当院で働き始め、周りの方々のあたたかい対応により、いつの間にかなくなっていました。ぜひ一緒に働き、高め合っていきましょう!

募集要項・福利厚生

募集要項

現在募集はありません

ページのトップへ戻る